【動画あり】ラップ&ジップの応用

〒111-0041 東京都台東区元浅草4-7−22

  • お問い合せ
  • 03-3841-2121

  📞電話をかける   友だち追加

【動画あり】ラップ&ジップの応用

こんにちは。
理学療法士の髙田です。もうすっかり秋ですね。

これからは新型コロナだけでなく、インフルエンザにも気を付けたい季節になりました。
当院ではインフルエンザ予防接種の予約を行っておりますので、ご希望の方は受付までお願いします。

今回のエクササイズは前回のラップ&ジップの応用です。
前回のエクササイズと交互に折り混ぜながら行っていただいても良いと思います。

 

ラップ&ジップ応用
①壁に向かって手を添えて両下肢の踵をつけた状態で立位姿勢になります。
つま先は拳1つ分開けた状態のピラティスVという姿勢になります。

 

②立位のニュートラルポジションになります。
これは骨盤の前方部に両手で逆三角形を作り、この三角形の面が前方にまっすぐ向くように骨盤を調節します。
そしてこの骨盤の両上前腸骨棘の真上に両側の第10肋骨が来るようにします。
更に頭上を天井に吊るすように体幹の軸を伸長させた姿勢です。

③立位のニュートラルポジションを保持しまま、両膝をつま先が向いている方向に屈曲させていきます。
この時に体幹が前傾しないよう注意して下さい。

 

④立位のニュートラルポジションを保持したまま、両膝を伸ばした後につま先立ちになります。
この時に両踵が離れないようにし、両股関節を外旋させながら下肢を内側に締めるように行います。
元に戻すときは立位のニュートラルを保持したまま、踵を床に下ろします。

これを5-10回ほど繰り返して行って下さい。

*余裕のある方は壁に手を添えずに前回と同じように両手を骨盤の前面に逆三角形を作って添えた状態で行って下さい。