台東区元浅草の整形外科クリニック理学療法士のピラティス

〒111-0041 東京都台東区元浅草4-7−22

  • お問い合せ
  • 03-3841-2121

  📞電話をかける   友だち追加

カールアップのポイント!

皆さんこんにちは。
理学療法士、ピラティストレーナーの髙田です。

今回はカールアップについて書きたいと思います。
このエクササイズは見た目は通常の腹筋トレーニングをしているように見えるのですが、注意する点が多々あり見た目以上に難しいエクササイズになります。

スタジオのグループレッスンでは当たり前のように序盤で行われるエクササイズですが、

自分はピラティスを始めた頃まともにカールアップすら出来ませんでした 。なので、今回はまず動作と注意点についてです。

また、細かく説明すると長〜くなってしまうので、マニアック編はまた後日

 

カールアップ|理学療法|ピラティス

☆☆カールアップ☆☆
①仰臥位ニュートラルポジションになります。
②胸式下部呼吸の呼気で頭部、頸部、胸椎部の3点を均等に屈曲させます。

!注意点!
骨盤のニュートラルは崩さないようにして下さい。

肩甲骨の下角が床から離れる程度持ち上げるだけの角度で十分です。それ以上は持ち上げないで下さい。
腹直筋を収縮するイメージよりも頭部、脊柱を伸長することを意識して下さい。