痛みの原因物質は○○だった!毎日の食事で痛みを和らげるコツ

〒111-0041 東京都台東区元浅草4-7−22

  • お問い合せ
  • 03-3841-2121

  📞電話をかける   友だち追加

痛みの原因物質は○○だった!毎日の食事で痛みを和らげるコツ

腰痛、肩こり、頭痛など、“痛み”は出来ればない方がいいですよね。

その痛みって、いつから起こったものでしょう?

例えば、「けがをした」「ねんざした」など一時的な外傷からの痛みであれば、治る(元に戻る)イメージが付きやすいですよね。

しかし、何が原因か分からない、いつからか痛くなったような“痛み”も根本を辿ると戻るかもしれません。

 

“痛み”を感じるのは、体の中で作られるプロスタグランジンと呼ばれる物質の影響です。

牛肉、豚肉、とり肉など肉、お惣菜やファーストフードなど酸化した油、オメガ6系の油から作られます。

 

現在の食事では意識しなくても、ついつい摂り過ぎてしまう油。それらを極力摂らないようにし、日本人に不足しがちなオメガ3系の油を摂ることで、炎症や痛みの原料を減らします。

さらに、摂った油を体の中できちんと活用するためにビタミンB群も必須です。特に青魚は、オメガ3系の油が豊富で、ビタミンB群も含む、優れた食材です。手軽に摂れる鯖缶やイワシ缶の活用もお勧めです。

積極的に摂り入れましょう。

毎日の食事が、健康な体を作るためのチャンスです。

1日3回、1ヵ月にすると90回もあります。日々の食事の見直しで、健康習慣を手に入れましょう♪