東京で関節のPRP療法(再生医療)なら元浅草いけだクリニック

〒111-0041 東京都台東区元浅草4-7−22

  • お問い合せ
  • 03-3841-2121

多血小板血漿(PRP)療法

PRP療法とは?

自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、私たちに本来備わっている「治る力」を高め、治癒を目指す再生医療です。海外では10年以上の実績があり、田中将大選手や大谷翔平選手が右肘の靱帯損傷に対してPRP療法を行ったことでも有名になりました。

血小板はどんな働きをしているの?

血小板には主に

・「血液を固める

・「組織の修復を促す成長因子を出す

という働きがあります。切り傷で出血をしてもしばらくすると血が止まって傷口は自然と塞がっていきます。捻挫をしたときには患部が腫れますが、この腫れは皮膚の下で出血したことによるものです。打撲や捻挫でも皮膚を切った時と同じように、血小板から傷んだ組織の修復を促進する物質(成長因子)が供給され、傷んだ組織を元通りに直そうとする自己治癒機転が働いています。

このように、これらの治癒過程に重要な役割を果たしているのが血小板です。血小板の働きによって、私たちの体は自己防御力を保ち、自分の力で自分を治すことができます

※血小板を多量に含んでいるPRPを傷んでいる部分に注入することで、自分自身がもともと持っている修復力を引き出すことができる治療がPRP療法です。

PRP療法はどんな人にいいの?

当院では、変形性の関節症や関節炎などの一般的な関節の病気に対してPRP療法を行っています。

治療目的としては以下です。

変形による炎症を抑えて痛みを緩和する

血小板が出しているサイトカイン(炎症を抑えるはたらきなどを持つ物質)によって炎症を抑え、痛みを取り除くことを目指します。

軟骨のすり減りなどによる変形の進行を抑制する

血小板からでる成長因子が軟骨の細胞に作用することで、軟骨の組織を合成したり、軟骨細胞を増殖したりする効果が期待できます。

PRP療法の流れ

①問診・画像評価

診察と画像の評価を行って、PRP療法の適応かどうか判断いたします。治療の時期などしっかり相談をして計画を立てます。決まり次第、次回の予約をおとりします(完全予約制)。

②採血・遠心分離

患者様の血液を30~33cc採取します。特殊な精製キットを用いて、血液中にある血小板のみを精製し、血小板濃度を通常の血液の約3~7倍に高く濃縮した自己多血小板血漿 (PRP) を作製します。

③PRPを患部に注入

②で作製したPRPを患部に注入します。 ※採血から注入まで、来院当日に約1時間程度で提供可能です。

PRP療法の値段

PRP注射1関節:採血30~33cc / PRP 4ml 80,000円

  • 料金はすべて税抜き価格です。
  • 料金には診察料、採血・注射施術料、PRP精製技術料、精製キット他諸材料費が含まれます。
  • 初診日の当日治療は原則行っておりませんが、他の医療機関からの事前の診療情報提供と予約がされていて、当日にPRP治療を受ける場合には初診料として別途3,500円(画像診断料や超音波検査診断料を含む)を加算させていただきます。